邦画レイプシーン:真昼の暴行 レイプ

真昼の暴行 レイプ

大城かえで/大槻ひびき/半沢美織

年の離れた夫と結婚したのぞみ(大城かえで)。経済力のある夫と不自由のない生活を送っていた。しかし、のぞみには気がかりがあった。いつも自分を監視している男がいることに気づいていた。いつしかのぞみはその男に犯されてみたいと思うようになっていた。/新婚家庭の朝、新妻(大槻ひびき)が夫を送り出すとマンションの管理会社を名乗る男が訪ねてきた。男は水周りの点検というが、そんな話は聞いていなかった。しかし、管理会社の男を信じてしまった新妻は不用意にも部屋へ入れてしまう。/痴呆の祖父と二人暮らしの少女みちこ(半沢美織)。そのみちこを狙う男たちがいた。男たちは買い物に出たみちこを拉致し、大量のアルコールを飲ませて昏睡させた。そして男たち向かったのは、みちこが祖父と暮らす家だった。そして男たちは祖父がいる家の中で、みちこの幼い身体を嬲りつくした。
最後はFAプロ作品ですな。なんかヤケになって3本紹介してしまいましたな。もういいだけ抜いてくだされ。

What do you think of this post?
  • 抜けない (3)
  • 抜けた (14)

コメントはこちら(承認制です)