邦画レイプシーン:こっそりこそこそ丑三つ時 夜這い

こっそりこそこそ丑三つ時 夜這い

若宮穂乃/三条つばさ/羽生ありさ/泉りおん

山村で父親と暮らす君子(若宮穂乃)は離れた町に嫁ぐが、村には二つの掟があった。女は結婚するまで処女であること。村の男以外と結婚するときは村長に処女を捧げること。そして嫁ぐ日の前夜、掟に従い君子のもとへ村長が忍んでくる。ところが翌朝、見知らぬ男が尋ねてくる。君子と結婚させて欲しい頼む男に父親は怒るが、二人を許す。二人が村を去ると村長が現れた。君子を抱いた村長は君子が処女ではないことを察していた。/46歳の人妻、静子(三条つばさ)。夫は単身赴任中で子供たちは独立していた。静子は一人暮らしの寂しさから夫の弟と不倫関係にあった。さらに静子は義弟にある頼みごとをしていた。それは第三木曜の午前2時、義弟とその友人たちに自分の寝室へ夜這いをしてもらうことだった。/北海道の農協に勤める和歌子(羽生ありさ)。東京で研修に参加するためひとり暮らしの叔父の部屋へ泊めてもらうことになった。久しぶりに再会した二人は酒を飲み、酔った和歌子は先に休んだ。成長した和歌子の豊満な身体が頭から離れない叔父は、寝入った和歌子の寝室に忍び込む。/女子高生の順子(泉りおん)は担任の矢沢との関係を教師の財前に知られてしまう。矢沢とのことを黙っていて欲しい順子は財前の部屋を訪れる。そして自ら睡眠薬を飲み、眠っている自分の身体を財前に差し出す。

二本目ですぞ。若宮穂乃さん、羽生ありささん、いい乳ですな。三連休のつもりだったんですが、私もいい乳を揉みたくて仕事と偽り、デリ嬢としけこみましたぞ。じつはちょっとハマッてしまった貴重な熟女デリ嬢がいましてな。さほど巨乳でもないのですが、いわゆる「乳首イキ」をするんですな。話には聞いていましたが、初めて出会いましたな。本当にいるんですな。「潮吹き」もしますな。まあ「潮吹き」をする嬢はわりと多いし、小便かと思ったくらい盛大に「潮吹き」する嬢にも出会ったことはありますが、彼女はじわりと出るタイプですな。クンニをすれば際限なくイキはじめ、そのたびにじわりと出てきますな。もうシーツから何からびしょびしょで大変ですな。そこで本当に「乳首イキ」をしているのかどうか、芝居だろうと思ったので試しに乳首を丁寧に舐めながら手を股間に当てて待っていたんですな。すると本当にじわりと出ましたな。驚きましたな。ところが不思議なもので、乳首とクリトリスでは盛大に感じるくせに、中は感じない、イったことないというんですな。確かに挿入するとウンともスンともいいませんな。そこで現在、中イキ開発に取り組んでいますぞ。こういうのはちょっと初めてですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (1)
  • 抜けた (7)

コメントはこちら(承認制です)