洋画レイプシーン:ブラッドヘル/Expose

ブラッドヘル/Expose

リンダ・ヘイデン

小説家のポール・マーティンは郊外の別荘で、新作の執筆に没頭していた。ポールは処女作の『死の沈黙』が大ベストセラーとなり、出版社から期待され次回作の締め切りに追われていたのだ。多忙を極めたポールは小説を口述記載したいと、タイピストを雇う事にする。しばらくして、タイピストのリンダ(リンダ・ヘイデン)という若く美しい女性が到着する。ポールはリンダと何処かで会ったような錯覚に陥るが、特に気にする事はなかった。リンダはポールの予想以上に有能でポールの仕事ははかどるが、ポールにはどうしても拭いきれない不安があった。突如発作的に垣間見る、血にまみれた自分。横たわる死体の幻覚。そしてリンダの不可解な一面・・・。

GWの休日出勤で、いつ取れるかわからない代休がまた溜まってしまいましたが、昨日は予定通り仲良しの巨乳おねえちゃんとホテルにしけこみ、一日中エッチしてましたぞ。もうカラカラですな。エッチするために仕事の段取りをやりくりするというのは気が引けますが、仕方ないですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (2)
  • 抜けた (7)

コメントはこちら(承認制です)