洋画レイプシーン:残酷!アマゾダス/Slaves from Prison Camp Manaos

残酷!アマゾダス/Slaves from Prison Camp Manaos

アゴスティナ・ベッリ

19世紀のアマゾン奥地には、世界で唯一ゴムの樹を育てるプランテーションがあった。しかし、そこではインディオたちが奴隷とされ酷使されていた。そして時には白人も奴隷とされ、女たちは性のはけ口として提供される。本来は白人上流社会の身だったクローディア(アゴスティナ・ベッリ)も輪姦された上、売春婦扱いされる。しかし、以前から自由を求め逃亡のチャンスを求めていたハワードは、アルキメデス、それにエクアドルから連れて来られ奴隷となっているラミロと語らい、クローディアをも連れて脱走した。

アゴスティナ・ベッリさん、おきれいですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (6)
  • 抜けない (8)

コメントはこちら(承認制です)