洋画レイプシーン:Whatever It Takes

Whatever It Takes

エレナ・カルニッキー/リカ・レフスカヤ

故郷のロシアで悲惨な経験をしたスヴェトラーナ(エレナ・カルニッキー)とアイリーン(リカ・レフスカヤ)は、希望を求めてアメリカへ渡る。しかし、移民の彼女たちにとってアメリカでは、なお厳しい生活が待っていた。

自主制作のようですな。エレナ・カルニッキーさん、リカ・レフスカヤさん、お二人で監督、脚本、主演ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (1)
  • 抜けない (4)

コメントはこちら(承認制です)