洋画レイプシーン:Gambling City

Gambling City

デイル・ハドン

大都市ミラノ。高級ナイトクラブの違法カジノにやって来たルカはベテランのギャンブラーたちから大金を巻き上げていく。クラブを去ろうとしたルカだったが、彼の前にプレジデントという車椅子に乗ったカジノを取り仕切るボスが現れる。ルカが詐欺師であることを見抜いたプレジデントは、その類稀な才能を評価し自分のもとで働くよう話を持ちかける。プレジデントのもとで働くようになったルカはマリア(デイル・ハドン)という美女に目を奪われる。強引にアプローチし、マリアと一晩を過ごすルカ。だが、彼女はプレジデントの息子コラードの愛人だった。マリアが自室に戻るとコラードと彼の用心棒が待ち受けていた。嫉妬に狂ったコラードは用心棒に命じて彼女を目の前でレイプさせる。ルカはコラードの一味に拉致され、両手を潰される。息子の愚かな行為に激怒したプレジデントはコラードを追放する。だが、同時にルカを抹殺することも決心した。マリアを連れて逃亡したルカ。プレジデントへの憎しみを募らせたコラードは彼を殺害して組織を乗っ取り、そしてルカとマリアの行方を突き止める。

ギャンブルといえば麻雀とすこしパチンコをやったくらいであまり縁がありませんな。パチンコは学生時代に半年ほどハマったことがありましたな。ろくに打ち方も知らないのに半年間勝ち続け、負けたところでスッパリと止めましたな。ツキが終わったと思ったんですな。そういえばスロットも少しやったことがありましたな。学生時代にバイト先の上司に連れて行ってもらいましたな。飲みに行っては部屋に泊めてくれたりもしましたが、いい年なのに学生アパートのような部屋に一人暮らしでしたな。離婚して慰謝料と養育費で金がないと笑っていましたが、スロットはプロ級で一回に数万円は勝っていましたな。ただ、ギャンブルで勝った金を養育費にはできないとか律儀なことをいいながら、その金を酒と風俗で浪費していましたな。酒はよく奢ってもらいましたが、風俗を奢ってもらったことはないんですな。酔った拍子に連れてってくださいよと強請ったら「酒は奢ってもらっても、女は自分の金で買え」と訳の分からない説教をされたことがありましたな。その心は何だったんでしょうな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (2)
  • 抜けた (7)

コメントはこちら(承認制です)