邦画レイプシーン:殺戮のバイブル

殺戮のバイブル

草凪純

女殺し屋・レオナ(草凪純)は暗殺の依頼を成功させるが、そこへ警察が踏み込んで来る。間一髪で難を逃れた彼女は、依頼主の背後に巨大な臓器密売組織があることを知り、その陰謀を暴いていく。

草凪純さんはランキング作品の「殺しの天使 復讐」をご紹介しましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (5)
  • 抜けない (8)

コメントはこちら(承認制です)