邦画レイプシーン:女の犯罪史

女の犯罪史

波多野結衣

漁協に勤める君子(波多野結衣)は、処女のまま見合い結婚で漁師の義男と結婚した。まるで義男の女中のように日々、家事とSEXの相手をさせられ、結婚生活に絶望する君子。そんな彼女の前に現れたのが、市の水質検査のために東京からやって来た戸塚であった。戸塚の見せる優しさに、禁断の恋の調べを感じた君子は、ある大胆な策略を張り巡らせる。

涼しくなってしまったので街ゆく女性陣の服装も変わってきましたな。今日、何か月かぶりに黒のストッキング見ましたぞ。もうちょっと待ってもらえませんかな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (1)
  • 抜けない (24)

コメントはこちら(承認制です)