邦画レイプシーン:さまよえる脳髄

さまよえる脳髄

高島礼子

精神神経科の女医藍子(高島礼子)は女友達に暴行を加えた患者―加害者―追分の精神鑑定を依頼される。そんな時、殺害後女性の瞼を切り取るという猟奇的殺人事件が起こる。時を同じくして藍子の元に異常とも思える脅迫めいた電話が頻繁に掛かるようになる。また、藍子の婚約者である刑事の海藤は、ある事件の犯人逮捕時に誤って後頭部に傷を負い、回復に向かっていたのだか、藍子との性交中に自分の意思とは全く別に、彼女の首を絞める等の奇妙な行動を示すようになる。患者の追分、婚約者の海藤、謎の連続殺人犯。そして藍子自身に以外な結末が訪れる。

ちょっと古い作品ですが、高島礼子さんですな。以前に「集団左遷」をご紹介しましたな。やっぱりいいおっぱいしてますな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (5)
  • 抜けた (14)

コメントはこちら(承認制です)