洋画レイプシーン:キリスト教会のお姉さん/Church Sister

キリスト教会のお姉さん/Church Sister

ガン・ソウン/イ・チェダム/ソン・アユン

同情心コンプレックスを持っている女、アヒ(ガン・ソウン)は流れ者のホァンに出会い、強い憐憫を感じる。アヒは彼が望むことはなんでもしてあげたいと思う。世間から見捨てられたホァンは、アヒを虐待することで隠していた怒りを噴出する。一方、ホァンの幼なじみであるテギは一流大学に入学し、ホァンとは別の人生を歩んでいた。8年ぶりに子供のころに過ごした町へ戻ったテギは、ホァンが住んでいた倉庫で日記を見つける。そこにはホァンが見た町に住む人々の秘密がぎっしりと記されていた。テギが子供のころ憧れていた友人の姉ユチャン(イ・チェダム)のことも書かれており、彼女が事故で盲目となったこと、今でも弟と一緒に風呂に入っていること、そして蒸発した親の借金を自分の身体を売って返済していることを知る。ホァンの日記はそこまでしか書かれていないが、テギはさらにユチャンのことを知ろうとするが、その彼の前にアユン(ソン・アユン)が現れる。

フルバージョンはOVですな。なんとも複雑なストーリーのようで解読するのに苦労しましたが、こういう話でいいんですかな。ちょっとわかりませんな。イ・チェダムさんはもはや常連ですな。「Bad Class」、「Mother’s Job」、「Complete Breeding」、「熱い関係」なんかをご紹介していますな。ガン・ソウンさんは「Me Too Hidden Truth」がありましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (9)
  • 抜けた (13)

コメントはこちら(承認制です)