邦画レイプシーン:肉体犯罪海岸 ピラニヤの群れ

肉体犯罪海岸 ピラニヤの群れ

潤ますみ/絵沢萠子

信二は湘南一帯をたむろする不良グループのボス。信二たちは毎日のように浜辺のアベックたちを襲っていた。そこへ通りかかった今日子(潤ますみ)は信二たちに拉致される。信二たちは一斉に今日子に襲いかかった。一方、今日子の父・南部は、政界の御曹子・萩原と今日子を政略結婚させようと企らんでいたが、その陰で、南部の妻・富子(絵沢萠子)は、若い萩原の肉体をもて遊んでいた。信二たちは、南部邸を襲い、富子、今日子、女中を次々に犯した。

フルバージョンは1973年の作品ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (10)
  • 抜けた (16)

コメントはこちら(承認制です)