邦画レイプシーン:焦燥

焦燥

小田飛鳥

紗弓(小田飛鳥)は母親を事故で亡くし、骨壺を抱えて一人墓地を歩いていた。その姿に目をとめた老紳士・藤森は驚きの混じった顔で紗弓を見つめた。二人は程なくして知り合う。父を知らない紗弓は藤堂を父のように慕い、また男として愛し始める。二人は人目をはばからずデートを重ねるが、藤森の亡き妻との間のひとり娘・あかりは父に近づく紗弓が遺産目当てなのではないかと気が気ではない。藤森は邪魔の入らない場所で夏を過ごそうと紗弓を別荘に誘った。そこには昔からの使用人たちが居て、二人の年の差を越えた恋愛を興味深く見守っていた。ある時、紗弓は藤森の書斎で1枚の似顔絵を見つける。その似顔絵に描かれていたのは自分とそっくりな顔をしたお下げ髪の女だった。それは藤森の初恋の相手「和美」の似顔絵であった。藤森は和美とそっくりな紗弓と出会い、過去に果たせなかった思いを紗弓との恋愛で成就しようとしていた。しかし、藤森は紗弓に言えない和美との過去のトラウマにとらわれてもいた。そんな二人の滞在する別荘に嵐が吹き、予期せぬ客がやって来る。その訪問者によって二人の関係は思いもよらぬ方向へ狂っていくのだった。

小田飛鳥さん、いいおっぱいですな。またそろそろ抜きたくなってきましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (5)
  • 抜けた (17)

コメントはこちら(承認制です)