邦画レイプシーン:さよなら歌舞伎町

さよなら歌舞伎町

樋井明日香

一流ホテルで働くことを夢見る徹は、自分が実際にはラブホテルの店長であることを、家族や恋人には伏せていた。ある日、彼の勤めるホテル・アトラスにアダルトビデオの撮影隊がやって来る。彼がピザを届けに部屋へ入ると、そこには妹の美優(樋井明日香)の姿があった。故郷の塩釜市で保育士を目指していた彼女は、東日本大震災で実家の工場が潰れたのち、東京でAV女優の職に就いたのだという。撮影後、帰途につく美優は徹に呼び止められ、最初の相手もAVだったのかと聞かれる。美優は首を横に振り、2人のあいだのわだかまりは消えてゆく。

今週はお待ちかねの邦画特集ですぞ。比較的新しい作品からチョイスしてみましたぞ。これは2015年公開作品ですな。歌舞伎町のラブホテルでの1日を描いたオムニバス的な作品だそうですぞ。レイプシーンですが、AV撮影という体ですな。短いですが、樋井明日香さん、いい乳揉まれてますな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (7)
  • 抜けない (12)

One thought on “邦画レイプシーン:さよなら歌舞伎町

  1. 乳揉み揉みが堪らんです。
    レイプシーンながら乳揉まれて感じたのかな?

コメントはこちら(承認制です)