邦画レイプシーン:宮本から君へ

宮本から君へ

蒼井優

文具メーカーの営業マン宮本浩は、会社の先輩・神保の仕事仲間である中野靖子(蒼井優)と恋に落ちる。宮本は靖子の自宅での食事に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二が現れる。裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つ。この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子。ある日、営業先で気に入られた真淵部長と大野部長に誘われ、靖子を連れて飲み会に参加した宮本は泥酔してしまう。見かねた大野が車で送らせようと息子の拓馬を呼びつけた。しかし、泥酔した宮本の前で靖子は拓馬に犯されてしまう。

昨年の話題作ですな。原作の漫画は連載当時に読んでましたが、もう30年も前ですか。蒼井優さん、お若いころから女優さんとしても好きでしたな。他の若い女優さんはどんな役をやっても同じ人にしか見えませんでしたが、彼女は違いましたな。しかし、フェラにシックスナインとは、なかなか過激ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (18)
  • 抜けた (66)

コメントはこちら(承認制です)