邦画レイプシーン:子連れ狼 -子を貸し腕貸しつかまつる-

子連れ狼 -子を貸し腕貸しつかまつる-

真山知子

拝一刀が勤める公儀介錯人の役職を狙った柳生一族は、一刀に徳川への反逆の汚名を着せ、職を追い、妻をも殺害したのだった。この窮地を脱した一刀は一子大五郎と共に、血と屍の魔道に生きることによって、怨念を柳生一族に叩きつけようとした。そして旅の途中、殺しの依頼がきた。依頼者小山田藩江戸家老市毛の狙いは、国家老杉戸監物一味の世嗣暗殺計画を壊滅させることだった。一味が、世間のはみ出し者たちばかりが寄りつく峡谷の湯治場にひそんでいることを知った一刀は早速目的地に向った。無法者たちの中に潜入した一刀は、枕探しお仙(真山知子)の命を救うため衆人のなかで、彼女と肌を合わせる恥辱に動ぜず、ただひたすら時を待った。そして、その機会がやってきた。暗殺計画決行を伝えるため監物が湯治場に姿を現わしたのだ。

若山富三郎の映画版ですな。最初にご紹介した「鳥に翼 獣に牙」と同じお話ですな。こちらも最初に犯されてるのは誰かわかりませんな。ドラマでは女房のようでしたが、映画では娘ですな。まあどうでもいいですな。こちらのお仙役は真山知子さん、やっぱり東映ポルノの女優さんだったようですが、蜷川幸雄の奥さんだそうですな。同じストーリーでも映画になると迫力が違いますな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (3)
  • 抜けた (6)

コメントはこちら(承認制です)