洋画レイプシーン:侍女の物語/The Handmaid’s Tale

侍女の物語/The Handmaid’s Tale

ナターシャ・リチャードソン

環境汚染、原発事故、遺伝子実験などの影響で女性のほとんどが不妊となった近未来、崩壊したアメリカ社会の後に成立したギリアッド連邦では数少ない健康な女性はただ子供を産むための道具として支配者層である司令官たちに仕える「侍女」となるよう定められ、従わなければ収容所送りが待ちうけていた。ケイト(ナターシャ・リチャードソン)はそうした厳しい支配に耐えかね国外逃亡を企てるも、夫を射殺され、娘さえ奪われて侍女としての教育を受けるため施設に送り込まれた女性である。狂信的な教育係の管理の下、次第に「機械」に変貌していく女性たちの中で表面上の従順を装っていた。

ちょっと前にドラマ化されてましたな。これは1990年に映画化されたものですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (3)
  • 抜けない (8)

コメントはこちら(承認制です)