洋画レイプシーン:ブラインドネス/Blindness

ブラインドネス/Blindness

ジュリアン・ムーア

ある日、運転中の日本人男性の目が突然見えなくなる。普通は失明すると暗くなるはずが、視界が白い光で溢れたようになるという症状で、男性は通りがかりの人に助けられてなんとか帰宅し、翌日眼科に向かう。診察に訪れた病院の眼科医には原因が全く分からない。しかも、翌日の朝になってみると、眼科医の目も見えなくなっていた。眼科医だけでなく病院の待合室に同席した人々など、日本人男性と触れ合った人々が次々に失明していき、同じ症状を持つものが爆発的に広がっていく。ただ一人、眼科医の妻(ジュリアン・ムーア)だけは症状を持つ人々を触れ合っても失明が始まらなかった。 政府は深刻な感染症だと判断し、感染したとおぼしき人々を隔離することに決定。眼科医の妻も失明したように装い、夫と共に収容所に入る。失明した人々ばかりが集まる収容所では、衛生状態の悪化・収容人数の増加による食糧の不足・管理側の軍の非協力など様々な問題が起こる。そんな中、第三病棟の王を名乗る男が現れ、第三病棟は独裁を始め、食糧と引き換えに金目の物や女性を要求。凄惨な物語が進行していく。

なんだかよくわからない映像になってますが、確かに人妻さんが犯されてるところのようですぞ。スケベ心の眼で観てくだされ。

What do you think of this post?
  • 抜けた (0)
  • 抜けない (8)

コメントはこちら(承認制です)