洋画レイプシーン:花のようなエレ/Helle

花のようなエレ/Helle

グウェン・ウェルズ

1951年夏、南仏の寒村。休暇で帰省した17歳のファブリスは、年下の男との情事にふける母と、インドシナ戦争から帰還して酒浸りになっている兄の姿を見る。そんな実家の現状に耐えられず山歩きに専念するファブリスはエレ(グウェン・ウェルズ)という少女と出会う。知的障害があり言葉もしゃべれないエレだったが、その無垢な美しさにファブリスは惹かれてゆく。だが、エレが多くの村人に身をまかしていることを知ると自らもエレを襲おうとするが・・・

1972年の作品ですが、今なら扱うのが難しいテーマでしょうな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (6)
  • 抜けない (9)

コメントはこちら(承認制です)