洋画レイプシーン:A Thought of Ecstasy

A Thought of Ecstasy

エイバ・ヴァーン

2019年、フランクは20年前に別れた恋人マリーとの関係を思い起こさせる日記小説と出会う。フランクはマリーを探し出そうとドイツでの生活に終止符を打ちアメリカに渡る。本に登場する場所を探し求め、フランクはデス・バレーたどり着く。そこでフランクは神秘的な魅力を持つニーナ(エイバ・ヴァーン)と出会う。

エイバ・ヴァーンさん、大きないいおっぱいですな。洗濯ばさみで乳首挟む趣味はありませんが、私もこんなおっぱい弄りたいですな。そういえば学生時代に10歳年上のバツイチ女性と付き合っていたことがありますが、その彼女が軽くMっ気があって後ろ手に縛られてバックで突かれるのが好きだったんですな。そこまでいいんですが、その際にお尻を叩かれるのが好きで、私はそういう趣味がないもので適当に叩くと「もっと強く!」と叱られるんですな。仕方ないので手形がつくほど強く叩くと、今度は「もっと強く突いて!」と大変なんですな。もうパンパン、パンパンとどっちの音だかわからない中で、彼女は大きな声を上げながらいってしまうわけですな。あんな騒がしいSEXは後にも先にありませんな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (10)
  • 抜けない (20)

One thought on “洋画レイプシーン:A Thought of Ecstasy

コメントはこちら(承認制です)