洋画レイプシーン:Little Mother

Little Mother

エルガ・ゾルバス

売れない女優だったマリナ・ピナレスがアルゼンチン大統領の妻になった。彼女は次の選挙で副大統領に立候補することを表明する。しかし彼女は自らの野望を果たすためには邪魔者を暗殺することも厭わなかった。副大統領に就任した後は、大統領である夫さえも暗殺するのではないかと噂された。その権力は国を席巻したが、彼女は不治の病であることが発覚する。

1973年のエビータをモデルにした作品ですな。にぎやかな輪姦シーンですな。私も並びたいですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (2)
  • 抜けない (5)

コメントはこちら(承認制です)