邦画レイプシーン:Zero WOMAN 警視庁0課の女

Zero WOMAN 警視庁0課の女

飯島直子

警察内部でもその本当の職務内容を知る人間は少ない0課。レイ(飯島直子)は裏警察とも言えるその部署に勤める女刑事だった。ある日、レイは黒塗りのスポーツカーが若い男性をひき逃げして行くのを目撃するが、事件は事故として処理される。独自の捜査を開始した矢先、レイの部屋に刺客が送られて来た。身辺に不穏な空気を察したレイが調査に乗り出すと、そこに浮かび上がったのは日本経済界の重鎮・小笠原純蔵の愛娘・由美だった。彼女はボランティア活動で今やマスコミの寵児とも言える存在だったが、その裏では若い男を誘っては自分の性癖であるマゾによる快楽を貪る、淫乱な一面を持っていた。殺された健一は、実は由美のそうした性癖についていけず、逃げ出したところを殺害されたのである。事件の隠滅には父・純蔵が一役買っていた。真相を掴んだレイは貴子もろとも純蔵の組織の者に拉致され、サディスティックな拷問を受けるが・・・

3本目ですぞ。これ紹介してませんでしたな。名作「0課の女・赤い手錠」もありましたな。飯島直子さん、最近はちょっと見かけませんが割と好きでしたな。本当にいい身体されてましたな。微妙に乳首を見せてくれましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (2)
  • 抜けた (9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。