邦画レイプシーン:やくざの女 4/5

やくざの女 4/5

吉沢明歩

構成員2万を超える巨大極道組織・箕輪組会長の娘として育った美沙(吉沢明歩)は長年ヤクザを憎み続けていた。しかし、龍二に出会い己の流れる”ヤクザの血”と”宿命”を受け入れる決心をする。しかし、故郷に戻った美沙を待っていたのは、脳出血で危篤状態の父・源蔵と、それを機に源蔵の命を狙う神水連合が放ったヒットマンの存在であった。組長でもある父を殺された美沙は、自らの運命を受入れヤクザとして生きていく決心をした。龍二と関東支部長として組を盛上げていた。しかし、父の側近でもあり、現・会長代行の伊沢の裏切りが発覚。神水連合と結託し、美岡会の乗っ取りが裏で行われていた。

4作目と5作目はレイプシーンらしいところもないので、エッチなところだけまとめてご紹介しますぞ。やくざの女シリーズはまだ続くようですが、吉沢明歩さんはここまでですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (1)
  • 抜けた (2)

コメントはこちら(承認制です)