邦画レイプシーン:やくざの女 3

やくざの女 3

吉沢明歩

龍二と絶縁し、街を去った美沙(吉沢明歩)は喫茶店の店員として新たな生活を過ごしていた。一方、美沙を失った焦燥感を抱える龍二だが、シノギ内で御法度の麻薬売買が発見され、同組織内でのシノギの奪い合いが始まり泥沼の内紛抗争が勃発する。離れて生きる二人だが、強すぎる“やくざの血”が再び、金と欲望と抗争の渦へと美沙を引き込んでいく。

3作目ですぞ。吉沢明歩さんは、やっぱりおっぱいきれいですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (2)
  • 抜けない (3)

コメントはこちら(承認制です)