邦画レイプシーン:凶愛

凶愛

西野翔/齋木享子

夏の喧騒が過ぎ去った人気のない海岸に、二人の男女が佇んでいる。女の名は山口真紀(西野翔)、男の名は橋本研二。真紀がまだ12歳の頃、母である俊江(齋木享子)と橋本は情愛関係にあった。だが橋本の歪んだ性欲は、娘の真紀にまで食指を伸ばすようになっていく。俊江は必至で真紀を守ろうとしたが、その無力さから自ら命を絶ってしまう。成長した真紀は、DVで苦しめられた夫の篠崎悟とも別れスナックを経営するようになり、女一人過去を封じ込め健気に生きていた。そんなある日、真紀の店に偶然橋本が客として現れる。真紀に見覚えがあると言うその視線に真紀の心は凍りついた。さらに縁を切ったはずの篠崎がまたしても真紀の前に現れる。ストーカー行為を繰り返し、執拗に真紀の身体を貪り始める。繰り返される人生への失望と諦めが真紀を自暴自棄にしていく。だがやがて真紀は運命を味方に付けるかのように、身体に絡まった黒い糸がするするとほどけていく様を見届けることになる。

平成最後の夜はエッチなOVで抜き納めをしていただきますかな。元号など変わろうとどうなろうと知ったことではありませんが、ひとつの区切りと思えばこの30年は私もいろいろありましたな。学校出て就職して結婚して子供が生まれてと、なんだかんだと人並みですかな。もちろんいろいろな女性とエッチもしましたな。平成初頭の学生時代までは主に素人、その後の社会人時代は主に玄人ですが、まあ私の平成は圧倒的にエッチな思い出ばかりで、こちらは人並みではないですな。令和もこんな感じでスケベなジジイになっていくんですかな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (8)
  • 抜けた (12)

2 thoughts on “邦画レイプシーン:凶愛

  1. 管理人さん、差し支えなければ、
    平成30年で何人の女と寝たのか教えて頂けませんか?すごく興味ありますw

    1. 去年1年でという意味ですかな。
      それならそんなに多くはありませんぞ。
      せいぜい5人くらいですかな。
      うち4人は玄人。もう1人は元玄人ですな。
      素人さんとのエッチは、もうこの数年ありませんな。

コメントはこちら(承認制です)