邦画レイプシーン:監禁銀行 地獄の狂宴

監禁銀行 地獄の狂宴

椎名絵里香/椎名早苗

銀行員の原田則子(椎名絵里香)は、恋人と別れた寂しさからブランド物を買い漁り、自己破産寸前。自暴自棄の彼女は、人気ホームページ『始末屋参上!』にメールを送る。「始末屋さん、お願いです。私が勤めている銀行を襲って下さい!」そんなメールを受け取ったのは、ビル警備員の中山政夫と田山だった。パチンコ仲間の太郎も引き込み、即席の銀行襲撃チームが結成される。その日、覆面を被った三人組がロビーへと押し入ってくる。警報ベルが押され銀行は、警察たちによって完全に包囲された。逃げ道を失った襲撃犯は、苛立つままに思い思いの行動に出る。気に入った女子行員を次々と犯していく太郎。田山は、生意気な女子行員の愛美(椎名早苗)を銃で殴り、支店長の千葉にレイプするように命じる、銀行内は、セックスと死が充満する阿鼻叫喚の地獄と化していた。

なんですかな、ちょっとアクセスしづらくなってますかな。まあもう少し様子を見るとしますかな。さて、フルバージョンはオリジナルビデオですかな。学生時代の女友達が大手銀行に就職してましたが、これがなかなかの巨乳でしたな。学生時代にその子を含めた友人たちとスキーに行ったことがありましたな。夜、宿で飲んでいたんですが、友人たちは次々に寝てしまって酒の強かった私とその子だけになったんですな。飲みながら他愛もない話をしてそろそろ寝るかと、その場にごろ寝したんですな。ごろ寝しながらもひそひそと他愛もない話をしていたんですが、ちょっとエッチな話になりましてな。私が巨乳をからかったんだと思いますが、悪戯心でちょっと突っついたんですな。「もうやだ」と私の手を払いのけましたが、完全に拒絶してる様子でもなかったので、調子に乗ってしつこく突っついたんですな。「やめてよ」と小声でいいながら、あきらめたように「ちょっとだけだかからね」と触らせてくれたんですな。いやいやこれが大きい上になんとも柔らかい乳でしてな。思わず勃ってしまいましたな。私も「ちょっとだけ」なんていいながら、その子の手を股間に持っていくと無言のままパンツの中に手をもぐり込ませたんですな。もう二人きりならそのままなだれ込むところですが、寝ているとはいえ友人たちが回りにいますからな。さすがに無理だと思い、巨乳を揉みながらチ○コをしごいてもらい、そのままイキましたな。終わると彼女は背を向けて寝てしまいましたが、私はちょっと意外な展開に目がさえて、なんだか眠れなくなってしまいましたな。もちろん帰ってからちゃんとエッチしましたが、なぜかあの時の手コキの方が気持ちよかったんですな。その後、二、三度エッチをしましたが、やっぱりその子もスキー宿での出来事に刺激されていただけなのか、お互い普通にエッチしても何だか物足りなくなって元の友人関係に戻ってしまいましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (3)
  • 抜けた (34)

2 thoughts on “邦画レイプシーン:監禁銀行 地獄の狂宴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。