邦画レイプシーン:犯る男

犯る男

朝倉ことみ/涼川絢音

夫からのDVに悩むユリ子(朝倉ことみ)の相談に乗っていた麻里(涼川絢音)は電車内で痴漢に遭い、帰宅後、後をつけてきた妻を殺害したとして手配中の吉井に襲われる。彼女の携帯から次の標的に定めた家に押し入った吉井は、夫に鎖でつながれ閉じ込められていたユリ子と出会う。翌日、夫を殺して自殺を図ったユリ子を吉井は介抱し、互いに心に空白を抱える二人はいつしか惹(ひ)かれ合っていくが・・・

フルバージョンはピンク映画ですな。朝倉ことみさんは今週一本ご紹介しましたが、「ボディ・ファンド オークションされた女」なんてのもありましたな。涼川絢音さんは「借金の取り立て屋に毎日犯され続ける若妻」なんてOVや「犯られたい夏」なんてヘンリー塚本作品もありましたな。さて、遅くなりましたが「抜けたランキング」を更新しましたぞ。最近、大きな変動がありませんな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (8)
  • 抜けた (19)

コメントはこちら(承認制です)