邦画レイプシーン:女囚アヤカ いたぶり牝調教

女囚アヤカ いたぶり牝調教

亜紗美

女囚・アヤカ(亜紗美)は看守たちに連行され、身体検査をされる。いやらしく服を脱がせられ、身体中をまさぐられる。主婦の彩香はそんな悪夢で目覚めた。毎晩悪夢にうなされる彩香は、夫・健司に促され、心療内科を受診した。淫夢を相談すると欲求不満ではないか と言われ、睡眠薬を処方される。帰宅しシャワーを浴びていると、昨夜の夢の中でまさぐられた部分が疼き始めた。夢を思い出しながらオナニーをしてしまう。看守らはアヤカの身体をまさぐる行為を楽しみ続けた。屈辱に唇を噛むアヤカ。また同じ夢だ。今度は同じ監房のキョウコとレズ行為で絶頂を迎える。彩香は、次第に夢と現実の区別がつかなくなっていく。

これはOV作品ですかな。以前に紹介した気もしますがな。昔のピンク映画みたいでエッチですな。

  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。