邦画レイプシーン:戦争犯罪 レイプ 妻と娘

戦争犯罪 レイプ 妻と娘

遠藤由真/木村美紀

1945年の中国大陸。ソビエト軍の満州侵攻から逃れた3人家族がいた。瀕死の傷を負った父を抱える母(遠藤由真)と娘(木村美紀)は、山中で日本の第177独立遊撃隊の5人と出会う。彼らは日本政府によって派遣されたが、満州国首都陥落により孤立無援状態で山中を彷徨い、生きて日本に帰れる希望は捨て去っていた。母娘は生きるために、朝、昼、夜と彼らに身体を与え続ける。

フルバージョンはヘンリー塚本作品ですな。今週はなんとなく戦場ものになってしまいましたな。古い作品ですが、エッチですな。さらに今週も「再アップ情報」を更新しましたのでチェックしてくだされ。

What do you think of this post?
  • 抜けない (12)
  • 抜けた (16)

コメントはこちら(承認制です)