邦画レイプシーン:鬼畜の父 12才で養女になった娘

鬼畜の父 12才で養女になった娘

川嶋あみ/真鍋美奈/桜井あきら

文子(川嶋あみ)は早くに両親を亡くし、12歳のときに父親の知人だった大河内家の養女となった。しかし、乱暴者で性欲が強い夫から義母が逃げ出すと、義父はその性欲を文子に向けるようになった。/両親に捨てられ養護施設で育った桃子(真鍋美奈)。18歳になると川内家の養女となった。川内家は主人と病身の妻、そして家政婦の三人がいた。桃子は妻から主人の言うことには絶対に逆らわないようにときつく言われる。その夜、寝ている桃子の部屋にやってきた家政婦は主人の部屋へ行くように伝える。/梓(桜井あきら)は母親とその再婚相手と三人暮らし。数か月前、梓はその義父に処女を奪われていた。それ以来、義父は妻の目を盗んでは梓の若い身体を求めるようになった。

今年こそ若い娘をどうにかしたいと毎年思いますな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (2)
  • 抜けた (14)

5 thoughts on “邦画レイプシーン:鬼畜の父 12才で養女になった娘

  1. エンディングがお台場の国民的アニメみたいで面白い。
    サ●エとワ●メの踊り食いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。