邦画レイプシーン:蝉の女 愛に溺れて

蝉の女 愛に溺れて

七海なな

遊郭「蝉丸」。ここでは、様々な事情を持った女たちが働いていた。千草(七海なな)も蝉丸で客を取る遊女の一人。数年前に母を亡くし、千草に残されたものは金と女にだらしない義父と借金だった。そしてその義父にも犯され、しまいには、借金のカタがわりに蝉丸に売られたのだ。千草は店で男に抱かれるたびに、感情を出さなくなっていった。ある時、港で働く中川が客として蝉丸に来る。中川は、かつて千草が学生時代に淡い初恋を抱いた青年だ。戸惑う中川。中川は、まだ女を知らなかった。そんな中川を愛しく思った千草は、中川を優しく導き二人は結ばれる。そして中川は千草への想いを打ち明け二人は幸せな将来を夢見るが、千草の義父が二人の仲を嗅ぎ付ける・・・

四発目も女子高生物ですが、こっちはスケベな義父に犯される娘ですな。これはVシネマかと思ったら劇場公開作品のようですな。七海ななさん、かわいいおっぱいですなあ。私には息子しかいませんのでわかりませんが、こういう娘がいたら父親であってもやっぱりあらぬ妄想を抱いてしまうものではないかと常々思っているわけですが、どうなんですかな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (10)
  • 抜けた (39)

コメントはこちら(承認制です)