邦画レイプシーン:セカンドバージンの女 通り雨

セカンドバージンの女 通り雨

丸純子

弁護士の妻だったものの、レイプされたことをきっかに幸せな生活のすべてを失った真由美(丸純子)。その傷を癒やすこともできず、彼女は工事現場の日雇いガードマンをしながら隠れるように暮らしていた。ある日の昼休み、公園で弁当を食べようとした彼女は、腹を減らしている家出少年・啓輔と遭遇。何の気なしに弁当を彼に与えてガードマンの仕事に戻る真由美だが、その帰りに自分をつけてくる足音を耳にし、レイプ被害の記憶がフラッシュバックする。だが、その足音の主は、彼女に空の弁当箱を返そうとする啓輔だった。

丸純子さんて聞いたことある名前だと思ったら、ニュース番組のレポーターやってましたな。いやいや、えらい転身でしたな。この作品当時もそれなりのお年だと思いますが、きれいなおっぱいですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (5)
  • 抜けた (34)

3 thoughts on “邦画レイプシーン:セカンドバージンの女 通り雨

コメントはこちら(承認制です)