ドラマレイプシーン:さくら心中

さくら心中

林丹丹

飛騨高山の造り酒屋「いさみ酒造」の一人娘として育った宗形桜子と、いさみ酒造へ蔵人としてやって来た高梨比呂人。二人は、樹齢千年とも言われる桜の木の下で運命的に出会い、ただ一度愛の契りを交わす。それが桜子にとって、全ての運命の始まりだった。

ローカル局制作の昼ドラのようですな。ずいぶん長い話のようで、このシーンのシチュエーションはわかりませんな。林丹丹さん、すぐに引退されたようですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (8)
  • 抜けない (26)

コメントはこちら(承認制です)