邦画レイプシーン:最後の命

最後の命

幼い時代に集団婦女暴行事件に巻き込まれ、その記憶に苦しみながら成長してきた桂人(柳楽優弥)と冴木(矢野聖人)。ある夜に思わぬ再会を果たした二人だったが、桂人の部屋で顔見知りだった女が殺された状態で発見される。警察の取り調べを受けることになった桂人は、刑事から冴木の名前を告げられ、彼がある事件の容疑者として全国指名手配中であることを知る。その事実に桂人が動揺する中、彼と冴木がひた隠してきた秘密や、これまで歩んできた人生があぶり出されていく。

もう9月ですな。皆さんはこの夏、いいことありましたかな。私は辛いことがありましてな。実は時々登場する「仲良しの巨乳おねえちゃん」とお別れすることになりましてな。かなりショックでしたが、少し元気が出てきたので、がんばって邦画特集にしますかな。そして今週は「仲良しの巨乳おねえちゃん」との思い出をつらつらと書かせてもらいますぞ。「仲良しの巨乳おねえちゃん」とは、もうかれこれ10年以上の付き合いですな。セフレというんですかな、元々はデリヘル嬢でしたが、妙に肌が合うというか、巨乳が気持ち良かったというか、何度も指名するうちに連絡先を交換し、店を通さずに会うようになったんですな。でもこれが店にバレて彼女はクビになりましてな。それを機に風俗を辞めて昼間の仕事をするようになったんですが、簡単ではありませんな。バイトを渡り歩く生活が辛そうで、責任を感じていた私も会うたびにいくばくかの小遣いを渡していましたな。それでも介護施設でバイトをしたことがきっかけで、職訓に通い介護の勉強を始めたんですな。その間、給付金をもらいながら、出会い系のサクラなんかもしていたようですが、晴れて介護士の資格を取ったんですな。まあご多聞にもれず給料は安いようでしたが、少しは安定した生活を送れるようになったんですな。私からのいくばくかの小遣いを「もういいよ」と断るようになったのもこの頃でしたな。以来、月に1、2回、一日中ホテルにしけこんではエッチ三昧という関係が始まったんですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (8)
  • 抜けない (8)

コメントはこちら(承認制です)