邦画レイプシーン:黄金の犬

黄金の犬

池玲子/ひし美ゆり子/島田陽子

森林警備官北守は愛犬ゴロを連れて北海道に熊狩に行くが、そこで熊に襲われ、救出されているうちにゴロとはぐれてしまう。帰巣本能で東京を目指すゴロは、途中、永山という男に助けられる。永山は通産省の武器課長の職にありながら、汚職事件に巻きこまれており殺し屋に狙われる身となっていた。そして永山はニュースで妻、順子(池玲子)が東京で殺し屋に凌辱され殺されたことを知る。永山は復讐の念に燃え、東京に向かう。事件を追う安高警視は事件に永山が絡んでいることをつきとめた。そんなある日、暴漢に襲われていた美沙(ひし美ゆり子)を助けた永山は事件が報道されたことによって待ち伏せしていた殺し屋に襲わる。一人でゴロを探していた北守の妻、礼子(島田陽子)が捕えられてしまい、永山も殺されてしまう。安高は、永山が残した血文字から、汚職にからむ秘密文書をマイクロフィルムに収めてゴロの首輪につけていたことを知った。東京に向かうゴロは女に保護され、東京行きの船に乗せられた。しかし、同じ船に捕えられた安高と礼子が乗っていた。警察は船を捕え安高と礼子を救出するが、船は爆破されゴロの行方もわからなくなってしまった。捜査に頓挫した安高だが、テレビのニュースでゴロが生きていることを知る。

初期のころ紹介したことがありましたが、すぐに消されてしまった名作ですぞ。リクエストもいただいたのであらためてご紹介しますかな。池玲子さんは東映のポルノ女優さんですな。ひし美ゆり子さんはいうまでもなくアンヌ隊員ですな。そして島田陽子さん、やっぱりおきれいですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (7)
  • 抜けた (52)

One thought on “邦画レイプシーン:黄金の犬

コメントはこちら(承認制です)