邦画レイプシーン: 無伴奏

無伴奏

成海璃子

日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした1969年に仙台で過ごす多感な女子高校生の響子(成海璃子)。同級生のレイコやジュリーとともに、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園闘争を行っていた。そんな響子が気がかりな両親は仕事の都合で東京に引っ越すが、仙台の進学校に通う響子は、仙台の叔母のもとで過ごすことになる。 レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉、祐之介、エマと出会う。この喫茶店では、好きな音楽をリクエストできるのか、「バッヘルベルのカノン」をリクエストする渉。響子は、席が隣り合わせになったそんな渉に興味を抱く。 ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会する。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。 だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく・・・。

先週は往年の女優さんたちでしたが、今週は最近の女優さんたちにしますぞ。最初は成海璃子さんですな。名前はよく聞くような気はしますが、よく知りませんな。こういう時、自分がおっさんになった実感がありますな。でもいい乳してますな。時代を感じさせる大きめのブラとパンティーがいいですな。最近見ませんな、こういうの。


  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (2)

One thought on “邦画レイプシーン: 無伴奏

  1. 成海璃子さん しばらく見かけないと思ってたら、こんなことしてたんですね。
    確か、10代の頃は、実力派女優として活躍して、将来を期待されてたはずですが。
    落ち目になった女優の悲壮感がありすぎて、抜く気になれないですね。
    どうせなら、10代でチャレンジして欲しかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。