邦画レイプシーン:禁忌

禁忌

杉野希妃

恋人がいながらも自分を慕う女生徒と関係を持つ女子高教師サラ(杉野希妃)はどこか満たされない日々を送っていた。ある日、幼いころに離別した父親・充が暴行事件に巻き込まれたと警察から連絡が入る。父親の身の自宅を訪れると、そこにいたのは監禁され、充と性的な関係を持つ少年・望人であった。望人の存在が発覚することを恐れた充はサラに望人を匿ってほしいと頼む。サラは父親の申し出を受け入れ望人と生活を共にする。少年と触れ合うことで自身に父親と同じ少年愛者の血が流れていることを自覚したサラは望人に激しく欲情し、犯してしまう。満たされた官能を知り、望人を手放したくないサラは充に望人との関係を暴露すると脅し、恋人とも別れ、二人の生活を手に入れる。歪んだ関係ではあるが二人は心を通わせ奇妙な共同生活を送る。しかし、サラが望む少年であった望人は次第に成長し少年ではなくなっていってしまう。彼の腕や足には体毛が目立つようになり、変声期の兆候が表れ、性への好奇心も芽生える。サラの求めていた純粋さは次第に失われ、そのことが彼女をひどく失望させた。そして事件が起きる。サラに捨てられ逆上した恋人・菊田が来訪し、彼女を犯した。この出来事がきっかけで、サラは男に対する恐怖心が芽生え、望人との生活も困難となる。

令和の一発目は逆レイプにしてみましたが、いかがですかな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (4)
  • 抜けた (17)

コメントはこちら(承認制です)