アニメレイプシーン:バルテュス ティアの輝き

バルテュス ティアの輝き

平和なルジュテ村の浜辺にひとりの少年が打ち上げられる。彼は巨大工場都市バルテュスのレジスタンスの勇士ユード。ユードは村の少女ティアと出会う。しかし、ユードは追手に捕らえられてしまう。巻き込まれたティアは支配者モーロックに囚われて凌辱されてしまう。

1988年の作品ですが、ナウシカとラピュタとカリオストロをパクって、かつスタジオ・ジブリのアニメーターが参加していたことも発覚して宮崎駿監督の逆鱗に触れ、参加した全員が解雇されたといういわくつきの作品ですな。私もジブリ作品は子供が小さい頃に一緒によく観ていたので、なんかゾクゾクしますな。こんな作品があるとは知りませんでしたな。そりゃまあ宮崎監督も怒るでしょうが、アニメーターというのも給料薄いようですから大変なんでしょうな。学生時代の友人にアニメーターをやっていた奴がいましてな、そいつもずいぶんとキツイ生活をしていましたな。そいつは数年後にAV業界へ転職したと噂を聞きましてな、いったいどんな仕事かと思えばパッケージのデザイナーでしたな。がっかりさせますな。そういえば学生時代、そいつに頼んでギターにエッチなイラストのペイントをしてもらったことがありますな。なかなか気に入っていたのですが、周りには不評でしたな。あのギター、どこ行きましたかな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (17)
  • 抜けない (41)

3 thoughts on “アニメレイプシーン:バルテュス ティアの輝き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。