邦画レイプシーン:激突! 殺人拳

激突! 殺人拳


志穂美悦子

剣琢磨は殺人・誘拐など非合法な依頼を請け負うプロフェッショナル。琢磨は志堅原義順・奈智(志穂美悦子)の兄妹から、殺人空手の使い手で死刑囚の兄、楯城の脱獄を請け負い、香港へ逃がすことに成功する。しかし兄妹は成功報酬全額を払えなかったため、琢磨は奈智を売り飛ばすと言い放つ。義順は琢磨に立ち向かうが全く歯が立たず、跳び蹴りも躱され、そのまま高層マンションから転落死。奈智は牟田口興産に売り飛ばされ、香港マフィアの五竜会の手に落ちてしまう。琢磨は牟田口からベルネラ石油の令嬢サライを誘拐してほしいと新たな依頼を受けるが、その黒幕が五竜会と見抜き断る。五竜会のボスは、琢磨抹殺を香港の九竜暗黒街を牛耳るディンサウへ依頼。ディンサウは盲狼公ら屈強の部下を連れて来日するが、その中に楯城と救出された奈智もいた。サライは拉致され、全資産を父親の部下に譲るという書面にサインすることを強要されていた。サライはサインに応ぜず、拒否し続ける。一方、琢磨は単身でサライを救出しにきたが、琢磨の前に義順の仇と狙う楯城・奈智兄妹が立ち塞がった。

せっかくなので志穂美悦子さんご本人のレイプシーンはないかと探したらありましたぞ。ブレイクする直前の作品のようですな。とはいえパンティ引き摺り下ろされるあたりは吹き替えでしょうなあ。


  • 抜けない! (8)
  • 抜けた! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。