洋画レイプシーン: ゴッドレス -神の消えた町ー/Godless

ゴッドレス -神の消えた町ー/Godless

ミシェル・ドッカリー

1884年、ニューメキシコ州の町ラ・ベルでは2年前の鉱山事故によりほとんどの男が死に、残された女性たちが男性を求めて採鉱の権利を鉱山会社に売る。町の保安官マクニューは目を患い、臆病者と侮られている。一方、無法者30人を率いるグリフィンは、息子のように育ててきたロイ・グッドに裏切られて盗んだ金を横取りされ、負傷して片腕を失う。負傷したロイ・グッドはラ・ベルの街はずれで牧場を経営する未亡人アリス・フレッチャー(ミシェル・ドッカリー)の元に身を寄せる。グリフィンは敵対した町を全滅させ、ロイを追い求めてラ・ベルに迫る。鉱山会社に裏切られたラ・ベルの女性たちとアリス、そしてマクニューとロイはラ・ベルでグリフィン一味と戦う。

これはドラマのようですな。未亡人の回想シーンのようですな。エッチですが、血を見ますので閲覧注意ですぞ。というわけで今週は熟女特集ですぞ。

What do you think of this post?
  • 抜けない! (3)
  • 抜けた! (1)

2 thoughts on “洋画レイプシーン: ゴッドレス -神の消えた町ー/Godless

  1. 管理人さん、熟女好きは母ちゃんの面影を見るから熟女にはまるんだって。どう思う?

    1. 熟女好き=マザコンとはよくある例えですな。
      私の場合、どうでしょうなあ。
      母親はガリガリのツルペタでしたから、今の好みとは真逆ですな。
      もしかするとそんな母親だったらよかったなという願望もどこかにあるのかもしれませんな。
      ただ、私が熟女好きになったのは30前後くらいのことで若いころはやっぱり同年代の女の子が好きでしたな。
      それが変化したのは様々な女性と経験を重ねた結果、ただただマグロ状態の若い娘よりも開発された身体と熟練したテクを持つ熟女の方がエッチをしていて何倍も気持ちいい、という実体験に起因してるんでしょうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。