洋画レイプシーン:Palach

Palach

ヴィクトリア・トルストガノワ

1965年、モスクワ郊外で少年がピストルで殺された。ガールフレンドをめぐって友人と決闘の約束をしていたという理由でその友人が容疑者となる。しかし、チェルカソフと部下の犯罪学者ソフィアは疑いを持つ。少年が両目を正確に撃ち抜かれるという異様な殺され方をしていたからだ。捜査陣は被害者が第二次大戦中にパルチザンとして活躍した伯母であるライザ(ヴィクトリア・トルストガノワ)のことを調べていることを知る。この殺人には、20年前に起きた重大な戦争犯罪がからんでいた。

ロシアのドラマのようですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (1)
  • 抜けない (9)

コメントはこちら(承認制です)