洋画レイプシーン:ベルリン陥落1945/Anonyma – A Woman in Berlin

ベルリン陥落1945/Anonyma – A Woman in Berlin

ニーナ・ホス

その女(ニーナ・ホス)はジャーナリストであった。ロシア語を話すことができた。夫のゲルトがドイツ軍兵士として出征するのを祝った。1945年4月末、ベルリンに侵攻してきたソビエト軍が、ドイツ軍兵士が抵抗している箇所の制圧に当たる。ソビエト軍兵士が、女のいるアパートに入ってきた。彼らの中には、女性に乱暴を働くものもいる。止めさせるともできない住人たち。女も乱暴されたが、取り仕切るソビエト軍将校たちに取り入り、自分たちの安全を確保しようとする。最初は「たった数分のことだ、たいしたことはないのに」とアンドレイ少佐はいうが。初老のドイツ人男性を激しく殴打しているソ連軍兵士に対して、アンドレイ少佐は格闘して止めさせるのと同時に、武器を隠し持つ者およびそれをかくまう者を銃殺するということを宣言する。

で、間違ていたのがこれですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (24)
  • 抜けた (25)

3 thoughts on “洋画レイプシーン:ベルリン陥落1945/Anonyma – A Woman in Berlin

  1. 昔のここのサイトで秘書が社長室で電話してる最中な悪戯される動画を見ました。探してもわかるなかったのですがまだあるんですかね?

    1. 思い当たるのはいくつかありますが、電話中に、ですか。
      ちょっと違うかも知れませんが、似たようなシチュエーションではこんなところですかな。

      パリス・トラウト
      ザ・ハングマン -辱められたキャンパス-
      アレクサンドラ
      Downloading Nancy

  2. ベルリン陥落時に(主にソ連兵に)暴〇された女性の「延べ」人数は 5千万人ともいわれています
    それでも「戦勝国」のしたことは糾弾されない

コメントはこちら(承認制です)