洋画レイプシーン:ザ・フィクサー/One Way

ザ・フィクサー/One Way

ローレン・リー・スミス
エディは仕事も恋愛も順調で、夢のような成功を手に入れていた。結婚相手は社長令嬢のジュディ。しかし、彼が共同経営者に昇進したその日に事件は起こる。ジュディの弟のアンソニーが、エディの同僚のアンジェリーナ(ローレン・リー・スミス)をレイプしたのだ。彼は将来の家族と自分の未来、そして自分の信念との間で決断を迫られる。そして彼が下した結論は…。

ありがちなオフィスレイプシーンですが、前から後ろから執拗に犯しますな。後ろからの際は、唾つけてるのとあの痛がりようからするとアナルですかな。よくやりますな。でも、ローレン・リー・スミスさん、いい乳してそうですが、もうちょっとはっきり見せてほしいですな。アナルまでしてるんですから。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。