洋画レイプシーン:寄生性獣 2046/The 33D Invader

寄生性獣 2046/The 33D Invader

ウー・キンキン/吉沢明歩

2046年、エイリアンに侵略された地球では男性の98%が生殖不能に陥り、人類滅亡のカウントダウンが始まっていた。国連は最後の手段として、最も健康な女性“未来”(ウー・キンキン)を2011年の過去に送り込んだ。生殖能力の高い男性を探し出し交わることで、優秀な精子を持ち帰るのだ。しかしその計画を察知した侵略者もまた、2体のセックスエイリアンに未来の後を追わせる。彼らに犯されると、人間はエイリアンに寄生されたセックス・ゾンビと化すのだ。2011年夏の香港ビーチ。大学生のローレンスは美しい女学生ジーナ(吉沢明歩)と愛をはぐくんでいた。しかし、突如タイムスリップしてきた未来が全裸で出現。理想のドナーを発見した未来は彼に精子の提供を願い出る。愛のないセックスはいやだと断るローレンスは代わりにキャンパスでのドナー探しに協力することにする。

吉沢明歩さん出演の香港作品ですな。AV男優の加藤鷹さんも出てますぞ。字幕もないので手っ取り早く抜きどころ情報を。まずは吉沢明歩さんがシャワールームで恋人に乳もまれながら手コキしてあげるシーン、私はここが一番抜けますな(15:00あたりから)。次は主演のウー・キンキンさんが寝込みを襲われて乳を揉まれるシーン、きれいな乳ですな(40:15あたりから)。次は誰だかわかりませんが、巨乳のお姉さんにむしゃぶりつくシーン、いい乳ですな(48:05あたりから)。引き続き吉沢明歩さんと恋人のラブシーン。みんなでエイリアンに犯されるシーン(1:00:00あたりから)。そんで最後にウー・キンキンさんが好きな人と結ばれるシーン(1:15:00あたりから)ってところですかな。がんばって抜いてくだされ。ついでに再アップ情報も更新してますぞ。


  • 抜けた! (7)
  • 抜けない! (4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。