洋画レイプシーン:伯爵夫人のメイド/The Devilish Sisters

伯爵夫人のメイド/Sexy Sisters

カリーヌ・ギャンビエ

幼いころの性的なトラウマが原因で、ミリー(カリーヌ・ギャンビエ)は極度の性的渇望に苦しんでいた。手のつけられなくなった彼女を、姉の伯爵夫人イディ・シュレイヤーは屋敷の中に閉じ込め、自分の愛人たちを次々にあてがっては、自らもその光景に欲情していた。イディの義理の父親は大富豪であったがすでに亡くなっていた。その義父が「実の娘であるミリーの21歳の誕生日に、彼女に財産の全てを相続する」という遺言を残したことを知ったイディは、悪徳医師バーンズと共謀し、数年に亘りミリーに薬物を打ち続け、ニンフォマニア(色情症)にしてしまう。伯爵夫人の愛人の一人、ジョーはそんな境遇のミリーに恋してしまい、この禁断の館から彼女を助け出そうとするのだが・・・

今週は年代物のソフトコアポルノにしますかな。GWにむけて気持ちと股間を盛り上げてくだされ。

What do you think of this post?
  • 抜けない (2)
  • 抜けた (2)

コメントはこちら(承認制です)