洋画レイプシーン:Priest of Evil

Priest of Evil

イリーナ・ビヨルクルンド

ヘルシンキ警察の強行犯担当刑事のティモは悲惨な事件で娘を殺された。彼はショックから立ち直れないまま、職務を遂行する。また、妻のエリーザ(イリーナ・ビヨルクルンド)もショックからうつ病を発祥する。夫婦の仲が修復不可能な状態になっていた時、地下鉄で奇妙な連続殺人事件が発生する。そしてティモは娘が殺された事件との関連を疑う。そのころエリーザはある司祭の導きで信仰に頼るようになっていた。

フィンランドの作品ですな。イリーナ・ビヨルクルンドさん、人妻役ですが、かわいいお尻ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (7)
  • 抜けた (29)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。