洋画レイプシーン:A Room to Die For

A Room to Die For

ローレン・ペータ

ジル(ローレン・ペータ)と無職のマーカスは、ジルのバイト収入だけで生活をしていた。生活に困窮した二人は、アパートを出てドイツ人老夫婦の家に間借りすることになった。老夫婦は気さくな上に部屋代も格安だったことに安心する二人。しかし、いるはずのない赤ん坊の声を聞くようになったマーカスは、不審に思い老夫婦の部屋に侵入し、子供を熱望する老夫婦の秘密を知ってしまう。そしてマーカスは惨殺され、ジルは監禁されてしまう。老夫婦はジルを妊娠させようと毎晩のようにジルを犯す・・・

妊活ホラーですな。私は特に妊活などしませんでしたが、人工授精で子供を作った友人がいましてな。いまどきは意外に安くて数万くらいでできるそうですな。人工授精となると精子を採取しなければなりませんが、その方法は自宅か病院で採取するそうですな。病院の場合、看護師さんが抜いてくれるのかとAV的な発想をしてしまいがちですが、もちろんそんなことはないそうで、彼の場合は自宅採取だったそうですな。それならば嫁に抜いてもらったのかというと、嫁はチ○コなんか触ってくれないので自分で抜いたそうですな。要するに不妊の理由はその辺にありそうですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (8)
  • 抜けた (22)

3 thoughts on “洋画レイプシーン:A Room to Die For

      1. みれました。ありがとうございます。太った男優や中年の男優が若い女性を犯している動画が凄く興奮します。
        他にはありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。