洋画レイプシーン:XXY

XXY

イネス・エフロン
アルゼンチンの小さな漁港の近くに住むアレックス(イネス・エフロン)は15歳の少女。実はアレックスは染色体の異常による両性具有だった。将来を心配した母親が手術の可能性について話し合うために外科医の一家を招待した。手術についての話し合いが進まない中、アレックスは外科医の息子アルヴァロと親しくなる。アレックスに何か秘密があるのだと気づきつつ、徐々に好意を持つようになるアルヴァロ。二人は海辺の納屋でセックスをするが、アレックスの衝動は「女性的」なものではなかった。その様子を父親に目撃されてしまったアレックスはショックを受け、さらにアルヴァロも自分の中にあったホモセクシャルが目覚めてしまう。翌朝、砂浜を一人で歩くアレックスに村の若者達が近づく。アレックスの幼なじみのヴァンドが口を滑らしてしまったために、好奇心を掻き立てられてアレックスの性器を見ようとする。必死で抵抗するアレックスだが、秘密を見られてしまう。そこに駆けつけたヴァンドはアレックスを守ろうとする・・・

レイプというか何というか。でもイネス・エフロン、もちろん実際には女の子ですぞ。かわいいですな。で、レイプ(?)シーンは1:00:30あたりから。その前に二人のエッチシーンは32:00あたりからですぞ



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。