洋画レイプシーン:シュウシュウの季節/Xiu Xiu: The Sent Down Girl

シュウシュウの季節/Xiu Xiu: The Sent Down Girl

李小璐(リー・シャオルー)
1975年、中国四川省成都市に住む少女・秀秀(李小璐)は、下放政策により地方に送られ、少数民族の老金の下で遊牧を学ぶことになった。無口で無骨な老金と時に反目しあいながらも打ち解け、辛い労働にも次第に慣れてゆく秀秀だったが、本心では早く成都に帰りたいと強く思っていた。しかし、文革の熱が冷め忘れられてしまった彼女に本部から迎えは来なかった。その後「本部につてがある」という青年がテントに現れ、秀秀は成都に帰りたいあまり身体を許してしまう。しかし一向に帰郷の目処はたたないまま、秀秀は幾人もの男に徒に弄ばれる。ある時、秀秀が妊娠していることが判明する。老金は中絶手術を受けさせる。失意のままテントに戻った秀秀は、自ら足を撃って事故を装うことで成都に帰ろうとするが引き金が引けず、老金に自分を撃ってくれるよう頼む。老金が銃口を向けると、秀秀は理想を胸に街を出た時と同じように髪をおさげに結い直し、赤いスカーフを巻く。彼女の真意を悟った老金が再び銃を構え一発、そしてもう一発の銃声が雪の舞う草原に響いた・・・

清純な少女が次第にすさんでいく姿が何とも切ないですな。とまあ、まともに観ると立つ物も立ちませんが・・・何ともかわいくてきれいなオッパイは、心を鬼にしてでもむしゃぶりつきたいですな。見どころは50:00あたりと1:00:00あたりですぞ



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

One thought on “洋画レイプシーン:シュウシュウの季節/Xiu Xiu: The Sent Down Girl

  1. みつあみと赤いほっぺがいいですね。こんな山奥の中じゃ犯されますよ。他にすることがないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。