洋画レイプシーン:ハニートラップ 大統領になり損ねた男/Welcome to New York

ハニートラップ 大統領になり損ねた男/Welcome to New York

パメラ・アフェシ

次期フランス大統領選に立候補する予定の大物政治家デヴローは無類の女好きであることを公言、毎夜のように怪しいパーティで羽目を外し、売春婦を呼んでは旺盛な性欲を満たしている。そんなある日、滞在中のニューヨークのホテルで清掃係の女性(パメラ・アフェシ)に性的なサービスを強要したとして逮捕される。夫デヴローを大統領にするためだけに生きて来た妻シモーヌは激しい憤りを覚えつつも、ニューヨークに駆けつけると住居を用意する。デヴローは独房に収監されるが、しばらくして多額の保釈金と自宅への軟禁を条件に保釈が認められる。新居で暮らすことになったデヴローはシモーヌに「罠にはめられた」と訴える。しかし、夫を大統領にする夢を断たれ、女性問題での破滅をかねてより恐れていたシモーヌはデヴローを決して許そうとはしない。一方、デヴローは、自分はそもそも学者であり、大統領になりたいとは全く思っておらず、シモーヌに強要されていただけであり、そのストレスから性依存症になったこと、今回の件でようやく自由になれたと感じていることを告白する。証拠不充分によりデヴローの起訴は見送られる。デヴローはシモーヌが金で解決したと疑うが、シモーヌは否定。真相が明らかにならないまま、シモーヌはデヴローに別れを告げて家を出て行く。

ハニートラップというのは怖いですな。仕掛けられたら間違いなくハマりますな。まあ、ハニートラップを仕掛けられるほど偉くはないですがな。そういえば、最初に勤めていた会社の同僚で酔った拍子に取引先の女部長とできちゃった奴がいましてな。何かと便利にコキ使われていましたな。事情を聴いたときはびっくりしましたな。きつい性格の女部長さんだったのでかわいそうにと思いましたが、でもベッドの上では違うんだと、そいつは感慨深げに告白したもんですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (6)
  • 抜けた (13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。