洋画レイプシーン:メリッサ・P~青い蕾~/Melissa P.

メリッサ・P~青い蕾~/Melissa P.

マリア・バルベルデ

イタリアの15歳の少女メリッサ(マリア・バルベルデ)は、油田開発の為に単身赴任している父が不在の中、母と祖母と3人で暮らしていた。ある日、憧れだった男の家に行ったメリッサはフェラチオを強要される。男の言いなりに身体を許してしまうメリッサだったが、恋に落ちた彼女とは違い、男はメリッサの身体だけが目的だった。そしてメリッサは復讐のため、さまざまな男に体を許していく。

マリア・バルベルデさん、まあかわいいですな。撮影当時17歳ですな。しかし、初体験よりも先にフェラしてしまうというのは今どきらしい話ですな。最近の若い世代は挿入するよりフェラとか手コキでのフィニッシュを好むとデリ嬢に聞いたことがありますな。なんでもAVを観ながらフェラや手コキでいかせてほしいというリクエストが多いそうで、要するにSEXよりオナニーの方がいいんですな。セックスレスが増えるわけですな。私が初めてのフェラは高校時代に付き合っていた彼女ですな。頼んでもなかなかしてもらえず、ようやくしてもらえたと思ったら先っちょを口に含んで手コキするだけでしたがな。彼女も初めてで「出るときは言ってね」と口内発射などあり得ませんでしたがな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (7)
  • 抜けない (11)

コメントはこちら(承認制です)